"新感覚の展示体験ができるアプリ"

MRミュージアム

MRの空間認識技術やオブジェクト操作で、これまでにない展示を実現

「MRミュージアム」は、MRならではの空間認識技術や、ハンドジェスチャーによるオブジェクト操作を用いて、展示コンテンツをユーザーに体験してもらえる営業用ツール向けのデモアプリケーション。空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」を用いることで、自ら展示物を操作できたり、目前で3D映像が動く迫力を体感できたりと、MRならではの展示を実現しました。

「歴史」「海洋」「天体」をリアルな展示体験で学ぶ

「MRミュージアム」において、現段階でリリースされているものは、「歴史」「海洋」「天体」の3つのテーマ。
「歴史」では、コントローラに重なって表示される刀剣を用いてMR空間に出現する武士と対戦したり、戦国時代の人物や出来事についてガイダンスを通して学ぶことができます。
「海洋」では、巨大なサメが壁を突き破ってくる大迫力の映像と共に、海洋生物の生態について学ぶことができます。
「天体」では、MR空間に太陽系が浮かび上がり、ガイダンスを通して惑星の学習ができます。また、ハンドジェスチャーにより惑星・太陽系全体の移動や拡大・縮小操作が可能です。
いずれも会議室くらいのスペースがあれば誰でも体験が可能。実際に博物館を訪れるのとは一味違う最新型の展示手法は、イベント等でも好評です。
現段階ではデモバージョンのアプリですが、MRコンテンツアプリの開発案件を獲得すべく営業用ツールとしてさらに活用することで、商用シーンにおいても利用可能なツールへの進化が期待されています。