“同じ空間で話し合う感覚”

「XRテレプレゼンスミーティング」

バーチャル会議室へようこそ

テレワークやモバイルワークなど、場所に制限されない働き方が増えてきた現在、ビジネスの現場ではオンラインミーティングが必須になりつつあります。しかしながら、モニターを介してのやりとりでは非言語の情報が伝わりきらないことも。

XRテレプレゼンスミーティングは、そのような悩みに応える、遠隔地にいても仮想のミーティングルームで会議が可能となるサービスです。

リアルな会議よりも集中できるという声も

会議参加者は事前に、3Dボディースキャナーで全身を360度撮影。自分の分身となる3Dアバターを作成し、VR技術を活用した仮想のミーティングルームに集まります。

XRテレプレゼンスミーティングでは、アバターを通じて、身振り手振りを交えた臨場感あふれるコミュニケーションをして会議を行うことができます。WEB会議よりも誰が発言しているかわかりやすく、VR特有の没入感で、ミーティングでの集中力・生産性がいっそう高まります。

これからの新しい働き方に向けて

XRテレプレゼンスミーティングなどを活用して、テレワークの導入が促進されれば、移動のためのコストや時間がおさえられるのはもちろんのこと、通勤電車のストレスからも解放されます。

そして、自宅で仕事と子育てを両立、休暇中の滞在先でバカンスと両立といった、柔軟な働き方を選択できる社会の実現にも近づくはずです。

これからもドコモは、積極的に働き方改革の推進を図るとともに、新しい価値を生み出し続ける社会の 発展に寄与してまいります。