"XR技術×自動運転車両"

次世代モビリティ空間提供の実証実験

XRが体験できる自動運転車両の実証実験

ドコモは、2021年2月12日から2021年2月19日まで、愛・地球博記念公園で、XRが体験できる自動運転車両を使い、「新しいモビリティ空間体験」の展示および「テーマパークにおけるエンタメ体験型の移動」の実証実験(以下、本実証)を行いました。本実証は愛知県が手掛ける自動運転社会実装プロジェクト推進事業の一環として行い、ドコモのほか、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)、トヨタ紡織株式会社(以下、トヨタ紡織)、株式会社JTB(以下、JTB)などが参画しました。

本実証により、ドコモのXR技術によるモビリティの新たな価値創造と、テーマパークやスマートシティなどでの新しい移動体験の提供が期待されています。

トヨタ紡織の自動運転コンセプト車両「MOOX(ムークス)」

テーマパーク内回遊をより楽しんでいただくため、トヨタ紡織開発のコンセプト車両「MOOX(ムークス)」が公園内の大芝生広場を周回するルートで運行し、車室内で走行位置に合わせたAR技術によるゲームやライブ配信を行いました。

車窓に搭載した透明ディスプレイには、外部の景色に合わせたAR映像を表示。MOOXが映像に合わせた香りや振動を座席に加え、お客さまはジェスチャーでMOOXを操作することにより、インタラクティブな体験をしていただきました。

その他には、乗客の体温と心拍数のモニタリング装置や深紫外線を用いた自動除菌システムを装備し、最先端の安心・安全な車室環境を提供。 更に、走行中の路面の様子をドコモの5Gを通じて遠隔監視者へ鮮明で遅延のない画像が配信され、自動運転車両の安全運航に貢献しました。

トヨタの自動運転コンセプト車両「SQUAL(スクォール)」

トヨタ自動車が開発したコンセプト車両「SQUAL(スクォール)」を使った実証では、停車中の車室空間の価値向上として、車両周辺スポットへの送客や購買等への利用、更に公園内の回遊促進に取組みました。

SQUAL車室にはドコモのコンテンツ配信技術とARおよびVR技術を掛け合わせた3面のディスプレイが乗客を取り囲むように配置され愛知県内の観光施設や観光スポットを映し、そこにワープしたかのような臨場感あふれる体験を提供しました。
車室の左側画面には外部が透過して見える窓に変化する調光スクリーンを利用し、空間の切り替えも実現しています。

また、SQUAL車室ではお客さまがジェスチャー操作によってドリンクの注文も行い、小型の配送ロボットがドリンクを手元まで運ぶ実証実験も行いました。

SQUAL降車後には愛・地球博記念公園内スポットまでの徒歩移動をより楽しめるよう、手元のタブレット端末へ位置情報に連動した周辺スポット案内やXRのエンタメコンテンツを配信し、XRを使ったモビリティ内外における新たな価値創出の可能性を幅広く探りました。

なお、SQUALもMOOXと同様にディスプレイに映し出されるコンテンツの操作に非接触のジェスチャー方式を採用することで、衛生的な車室空間の提供を行いました。