"リアル空間とデジタル情報の融合"

「現実世界を舞台としたARショッピングとゲーム体験」の実証実験

ARショッピング体験

本実証実験では、森ビル株式会社が管理・運営する「お台場 ヴィーナスフォート」において、ドコモが開発を進めるARクラウド技術およびARクラウド用のコンテンツ作成を簡易化するための開発ツール(開発協力:株式会社ホロラボ)を用いて、現実空間のデジタルツインを構築し、現実の景観とデジタル情報を融合させた新たな体験価値を創出を実現しました。
空間コンピューティングデバイス「Magic Leap 1」やタブレットを介して、バーチャル広告の配信や直観的なナビゲーションを行っており、ショッピングをより楽しく、便利にするARショッピングの体験ができます。
さらに、体験者は現実世界の景観の中に浮かび上がる街の情報、周辺の交通機関の情報、ユーザーの興味に合わせた広告表示など、最適な場所で、最適な情報を、リアルタイムに受け取ることが可能となります。

本実証実験は2021年3月に実施されました。(現在では終了しております)

現実世界を舞台としたゲーム体験

ヴィーナスフォート各所に配置されている天使などのキャラクターからアイテムを受け取りながら現実空間を進み、教会広場に潜むドラゴンを倒すARゲームの体験ができます。
ゲームはマルチプレイにも対応しており、仲間と共に協力してドラゴンを倒すことも可能です。