"Mixed Realityで、ネットワーク保守業務をもっと簡単に、もっと柔軟に ~映像をリアルタイムに共有。ハンズフリーで業務を効率化~"

スマートグラスを活用した「遠隔作業支援ソリューション」

ドコモのネットワーク保守業務で試験運用を開始

ドコモは、Magic Leap 1を用いた保守業務向け遠隔作業支援ソリューションを開発しました。
ドコモのネットワーク保守業務で試験運用を開始し、各機能の使い勝手や改善点の洗い出しを行います。また、試験運用の結果を踏まえて、業務への本格導入やさらなる機能改善をめざします。

利用シーンと主要機能

本ソリューションは、遠隔地からリアルタイムで作業現場を遠隔支援するサービスで、サーバ保守業者やインフラ事業者など、施設や機材の保守での活用が見込まれます。遠隔地の支援者はPCの映像や音声から現地の状況を把握し、作業指示をします。現地の作業者は「Magic Leap 1」を装着することで、隣でアドバイスを受けているような精度で作業が可能です。

機能としては、遠隔地のPCアプリから空間上に矢印配置や描画を行うことで、遠隔地にいながら現地にいるかのような指示が可能な「空間ポインティング機能」が使用できます。また、現地で手順書を空間上に表示することで、作業しながら手順を確認することができる「3Dフロー機能」も搭載しており、MR技術の持つ空間認識能力を活用することで、作業対象を邪魔しない位置に手順書を配置することが可能です。

ドコモは本ソリューションを通して、業務の効率化や省人化など保守業界のDXの推進に貢献してまいります。

オンラインイベント「Japan IT Week」に出展

本ソリューションを2021年6月16日(水)~2021年6月18日(金)の3日間にて開催されるオンラインイベント「Japan IT Weekオンライン」へ出展しました。
※本イベントは終了しました